TOONDAYS【トゥーンデイズ】|ディズニーブログ

アナと雪の女王を見ての感想【後半に大きなネタバレ有】

      2016/12/27    

アナと雪の女王を見てをテーマに今回は書いていきたいと思います
最初は大きなネタバレはないので安心してみてください
あとで紹介するおすすめのポイント4から大きなネタバレが入りますので近づいてきましたらネタバレしたくない人はお気を付けて

3月14日に公開されたアナと雪の女王
長編アニメーション部門、主題歌賞でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞した本作
日本でも公開前から期待度も高く、早く公開しないかとの声も聴かれていました

ではいったいなぜこんなに日本の公開が遅かったのか
今回このように公開を遅らせたのはウォルトディズニージャパンの策略かもしれません
映画『アベンジャーズ』の日本公開が世界で最も遅かった理由
製作者の米マーベル・スタジオCEO、ケヴィン・ファイギ氏に聞く

この記事において映画アベンジャーズについて触れられています
映画アベンジャーズの時も公開を遅くし、日本では認知度の低いアメコミ映画をよく知ってもらってからの公開を選択しました

今回のアナと雪の女王はディズニー創立90周年作品、そして日本人にはあまりなじみのない童話”雪の女王”をテーマにした映画
日本で確実に成功させるためにアカデミー賞などの賞を獲得などで認知度をあげる戦略だったのでしょう
この作戦が吉と出るのか、今後じっくり見ていきたいですね

そんな期待の高い状態で公開された本作品を公開初日ららぽーと船橋にあるTOHOシネマズで鑑賞してきました
東京ディズニーリゾートのある舞浜から電車で13分の場所にあります
同映画館ではドルビーアトモスと呼ばれる日本で3か所でしかまだ導入されていない質の高いサウンドを楽しむことができます
普通であれば観客席を横から取り囲むようにスピーカーが設置されていますが、ドルビーアトモスでは天井にもスピーカーが設置されています
まるで本当に主人公と同じ空間にいるような体験があなたを待っています
ただ大きい音の不自然な迫力ではなく、自然な迫力で耳だけではなく体中で音を楽しむことができました

また同映画館はTCX対応映画館で通常の映画化間のスクリーンの120%の広さがあり、圧巻な映像で楽しむことができます
ぜひ本作品は映像、音楽共に素晴らしいのでこの最高の設備の整った映画館で見ていただきたいです
ドルビーアトモスは3D字幕版のアナと雪の女王で鑑賞することができます

今回はもちろん3D字幕版で鑑賞してきたのでそちらで書いていきます

本作品のポイントは
1、ミュージカル性を強めた映画
2、圧倒的な映像美
3、二人の主役の相反する感情とその表現
4、今までのプリンセス映画の常識を覆す展開
5、ヴィラン(悪役)

各ポイントを解説していきましょう

1、ミュージカル性を強めた映画
本作品では30曲をを超える曲が使用されています
アラジン、美女と野獣、リトルマーメイド、ラプンツェルなどの作品では20曲程度であるので1.5倍もの曲数になっているのです

最初の場面ではほとんど歌のみで場面が展開されていくといっても過言ではありません
Do You Want to Build a Snowman?でアナとエルサの成長、彼女達の溝を描き、アナとエルサの別々の苦悩が描かれます
そしてFor the First Time in Foreverで長い間閉ざされていた城の扉が開かれます
このFor the First Time in Forever思わず、涙が出てきてしまいました
アナの一人寂しい気持ちから解放されたはつらつ感、エルサの誰かを傷つけないために閉ざしていた扉が開かれた不安
この表現が何とも言えません
壮大な広がりを感じさせるこの曲が一番の好きな曲です

そしてもう言わずと知れた主題歌賞まで取ったLet it go
エルサの声を演じるイディナ・メンゼンの素晴らしい声がもう観客を魅了します
この曲をCMでとても推していましたが正直、映画で初めてこの曲を聞きたかったなという印象です
その方がこのシーンでの感動がより大きかったように感じてしまったのが本音

この曲の日本語版を聞きにぜひ吹き替え版も見に行きたいなと思いました

2、圧倒的な映像美
もう最初から圧倒されたのはもちろん雪のシーン
美しい氷の結晶がふわふわと降ってくる場面
このシーンはぜひ3Dで見ていただきたい
雪に包み込まれるような体験が3Dで味わうことができました

3、二人の主役の相反する感情とその表現
姉妹でありながらも相反する性格、境遇、そしてアナが知らないエルサの秘密
秘密を隠し続けてきたエルサの苦悩
誰かを傷つけたくない、しかしコントロールできない力
それは大切な人を守るため
そのために孤独になろうと自分の心の扉を閉ざす彼女

同じお城にいるのに大好きなエルサに会えないアナ
姉妹なのにいつもエルサと対面することができません
広いお城の中、いつも一人で過ごす彼女
もっとエルサに甘えたい、遊びたい
理解できないエルサの行動

二人の溝が埋まらないそのもどかしさ、そして悲しさ、その心情表現がもう素晴らしい作品でした

【ここからは大きなネタバレが入りますので十分ご注意ください】

4、今までのプリンセス映画の常識を覆す展開
今までプリンセス映画は森の中で出会う二人
そして一目ぼれし、恋に落ちる、壁を乗り越え、結ばれる
そんな展開が通常の展開です

このアナと雪の女王ではその常識を破壊します
アナとプリンスハンスが出会い、恋に落ちます
そして婚約を直ぐにしようとします
今までのプリンセス映画であればこのことは不自然ではありますが自然のように行われますがこのことがエルサやクリストフによって否定されます
もっとよく知るべきだと
このことが自分の思っていたプリンセス映画の概念を打ち砕くものでした
そしてこの言葉が5に続いていくのです

5、ヴィラン(悪役)
今回のヴィランはプリンスハンス
兄弟の多い彼は王位継承をすることは不可能に近い状態です
そして恋を知らないアナに近づくことでアレンデールの王になろうと利用しようとします
今までに無いようなタイプの悪役ですよね
プリンスが完全な悪役

これはこれまでのプリンセス映画ではありえない展開です
王子様=かっこよくて性格も良い(or良くなる)ことが条件の一つ
そしてヴィランズは最初から悪として描かれることが多いディズニー映画
しかし後半まで誰が悪役なのかわからないのはとてもいいです
悪役は全くの悪役として登場するわけではない物語が昔の物語を描いているのにも関わらず、今の現実との世界とのリンクがされ、共感を僕はしました
この裏切りが今回の作品の僕的ツボな部分です

今回の作品も素晴らしい曲、映像、ストーリーなのでぜひみなさんに見ていただきたいですね!

最後に!ブログランキングにも参加しております
ぜひ応援してくださる方はblogrankingをクリックしてください!
一日一回クリックしてくださるとランキングが上がりますのでぜひお願いします!

もちろんクリック先にはディズニーのマニアックな情報から最新情報まで幅広く書いていらっしゃる方もいるのでぜひそちらも見てみてはいかがでしょうか??

このエンタメをあなたが評価すると?

(まだ評価されていません)
Loading...

※星アイコンをタップすると、このエンターテイメントを簡単に評価できます!



みんなに教える・シェア!

スポンサードリンク




 - 映画, ,

あなたにオススメの記事

今日のPICK UP

ダッフィーの新しい友達「ステラ・ルー 」!新グッズやショーで登場

2017年3月23日、ダッフィーの新しいお友達「ステラ・ルー」が発表されました。 …

【保存版】ディズニーランドパリ25周年イベント&ショーパレード全紹介

4月12日に25周年を迎えたディズニーランドパリ。 ヨーロッパ唯一のディズニーパ …

TDS ディズニー七夕デイズ 2017 七夕グリーティング
【保存版】東京ディズニーリゾート「ディズニー七夕デイズ 2017」総まとめ

2017年6月15日〜7月7日の期間、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで …