TOONDAYS【トゥーンデイズ】|ディズニーブログ

アーロと少年を見て感じた魅力と違和感-途中までネタバレなし-

       

2016年3月12日より公開を開始したディズニー/ピクサー作品「アーロと少年」(原題:The Good Dinosaur)。

この物語では、幼い恐竜のアーロと言葉がしゃべれない少年・スポットの冒険を描きます。

 

スポンサードリンク





アーロと少年を見ての感想

今回はこの「アーロと少年」という作品の魅力と感想を途中までネタバレなしで語っていきたいと思います。

もしもを描くピクサーらしい作品

ピクサー作品は「もしも…」の世界が作品となって表れています。

もしもおもちゃたちが動いていたら?もしも車たちに感情があったら?もしもネズミに料理の才能があったら?

そんなもしもから始まるさまざまな素晴らしい作品を制作してきました。

今回も、もしも隕石が衝突せず、恐竜が生きていたら…を描いたこの作品。

アーロと少年

そんな世界では、恐竜は知能が発達し、言語も使い始めます。

しかも、その暮らしは人間の暮らしそのものでした。

今作で描かれるのは、描かれるのは臆病なアーロの成長の物語。

弱虫のアーロはどのような事件や経験を経て、強くなっていくのか。

本当の強さとはなんなのかを訴えかけてくれる作品です。

想像を超える美しい映像

近年のディズニー作品の映像美には、目を見張るものがあると感じています。

例えば、「ベイマックス」で描かれた「サンフランソーキョー」の街並みやライティング、エイジング(わざと汚れを付ける技法)がしっかりと付けられています。

そのリアルさは本当にビデオカメラで撮られたような、いやそれ以上の美しい景色を感じることでしょう。

目を見張るような素晴らしい映像ををこの「アーロと少年」という作品でも感じることができます。

トゲトゲ山とアーロが呼んでいる、ヒマラヤ山脈のような山の雄大さ、雲の上広がる美しい夕焼け。

美しい風景だけではなく、濁流や汚れもリアルに描き、自然のな厳しさを感じさせてくれました

この作品を映画館で見て欲しいと思う点は、この美しい風景を最大限に感じられる点です。

きっとその美しさに引き込まれてしまうはずです。

表情豊かなキャラクター

この20年間、CGはどんどん発達し、作品に登場するキャラクター達表情までもが変化してきました。

前までは表情にも少し違和感を感じていましたが、もう現在はそんな違和感を感じることがありません。

人間が演じるよりも人間らしい表情を見せてくれると僕は感じています。

今回の作品でもそんなことを感じさせてくれるシーンがいくつもありました。

特に少年・スポットの表情は本当にリアルで、思わず笑ってしまったり、泣いてしまったり、してしまいます。

これは見るべきだと強くオススメできないが見て欲しい

「正直なところこのお話はどうなのか?」と聞かれたら素直に「見るべきだ!」と答えることはできません。

何故なら、様々な違和感を感じてしまったからです。

きっと見た人はその点が何故なのかが気になるだろうし、最後少し府に落ちないかもしれません。

そして、きっと一般受けはあまりしないだろうなと感じる作品でもあったからです。

しかし、感動して涙が出てしまったことには間違いありません。

何故なら、この作品では言葉がなくても、しっかりと心が通じ合うアートとスポットを感じることができたから。

そして、映像のスケールや進化は、ぜひ映画館で感じてほしい点ですし、「ライオン・キング」のオマージュかと思うシーンもありました。

この作品をみた感想をぜひ聞かせていただきたいです!

ここからはネタバレを含む内容を書いていきたいと思うので、ぜひ劇場で見てからお楽しみください。

[su_spoiler title=”ネタバレを見る場合はタップ”]

アーロと少年のネタバレを含む感想

このネタバレではこの作品に感じた違和感と大変良かった、泣けた点を紹介していきます。

場面転換での違和感

アーロの父が亡くなった後、またスポットと出会い、彼を夢中で追いかけます。その中で川の中に落ち、下流まで流されてしまい、彼の冒険が始まりました。

違和感を覚えたのは、その川で落ちたシーン。

穏やかだった川が、急に荒くなり始めました。晴れた穏やかな陽気から、なぜあれほどまでに荒くなったのか…疑問に残ります。

もしかしたら、泳げないアーロが感じた川の様子を描いたのかもしれません。

しかし、その描き方には少し違和感が残りました。

アーロの成長を描くがその最後は?

アーロと少年 アーロ

最後、ママは帰ってきたアーロを一目見た時、亡くなったパパと錯覚していました。それほど、たくましく、勇敢な姿で帰ってきたということです。家族との再会を祝い、抱き合う姿が映し出されます。

しかし、そのあと、あの蔵にすぐに足跡を付けることとなります。

その流れが急すぎて、その間の話が欲しかったなと思いました。

なぜ付けようということになったのか、それは頑張って帰ってきたから付けることになったのか、何をやり遂げたからなのか、父のように強くなったからなのか。

それがないから大切な印であったはずの足跡があっさりとしたものに感じてしまいました。ぜひそこをもうワンシーン描いてほしかったです。

ここまではこの作品で感じた違和感でしたが、ここから先は素晴らしいと感じた点です。

スポットの寂しそうな表情さが可愛すぎる

アーロと少年 スポット

少年スポットはまるで犬のような動き、しぐさを見せてくれます。小さいのにもかかわらず、勇気が溢れる行動をし、いつもアーロを助けていました。

しかし、そんなスポットも悲しそうな表情を見せることがありましたよね。

家族を思い出すシーンや、濁流に飲まれ助けを求めるシーン、そしてアーロとの別れのシーン。

今まで強く振る舞っていたスポットにも弱い部分はあったのです。

そう感じさせてくれる悲しげな表情がたまらなく可愛くて、感動を感じさせてくれました。

「誰でも弱い部分を受け入れることで強くなれる」というテーマ

アーロと少年 アーロ ブッチ スポット

恐竜のブッチがアーロに言ったのは「強そうに見えるやつでも怖いと思うことは誰でもある」ということでした。これはこの作品で一番大切なテーマです。

先ほど述べたように勇敢なスポットにも弱い部分があり、ブッチも怖いと思うことはある。

しかし、その弱さを受け入れることで、強くなっていけるのです。

感動の別れ

途中、スポットは離れ離れになっていた家族と出会います。その姿は長年離れ、環境の違うからなのか似ても似つかない姿でした。

その家族が気になるスポットを無理矢理背中に乗せたアーロは、まだその時は彼との別れたくないという気持ちだったのです。

しかし、その後アーロは自分の家を目の前にした時、家族といることの大切さを実感します。

その時、別れを受け入れる決心をしたアーロ。

スポットは家族と再び再開するも、アーロと一緒にアーロの家族の元へと向かおうとします。

それを止めるアーロ、なんどもアーロに駆け寄るスポット。

スポットとその家族の周りに円を描いた瞬間には涙が止まりませんでした…。

まとめ

観た方がいい!と強くはオススメできませんが、個人的には満足できる内容でした!

しかし、4月にはズートピアが控えているので、話題がそちらにすぐ持っていかれそうなのが怖いですね…。

日本でどれぐらいの興行収入を上げるか、注目していきましょう。

[/su_spoiler]

このエンタメをあなたが評価すると?

(まだ評価されていません)
Loading...

※星アイコンをタップすると、このエンターテイメントを簡単に評価できます!



みんなに教える・シェア!

スポンサードリンク




 - 映画, ,

あなたにオススメの記事

今日のPICK UP

ダッフィーの新しい友達「ステラ・ルー 」!新グッズやショーで登場

2017年3月23日、ダッフィーの新しいお友達「ステラ・ルー」が発表されました。 …

TDS ディズニー七夕デイズ 2017 七夕グリーティング
【保存版】東京ディズニーリゾート「ディズニー七夕デイズ 2017」総まとめ

2017年6月15日〜7月7日の期間、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで …

【保存版】ディズニーランドパリ25周年イベント&ショーパレード全紹介

4月12日に25周年を迎えたディズニーランドパリ。 ヨーロッパ唯一のディズニーパ …