TOONDAYS【トゥーンデイズ】|ディズニーブログ

ディズニーランド&シーで撮影!初心者にオススメ一眼レフ「Nikon D5600」レビュー

      2017/02/20    

最新機種が多数登場し、初めての一眼レフには何を使って良いのか、悩んでしまう人も多いはず!

そこで、今回は初心者にオススメのNikonエントリークラス一眼レフ「D5600」を紹介!

実際にディズニーランドで使ってみた、レビューを書いていきたいと思います。

エントリー機とは言えど、侮れない実力を持つ機材でしたよ!

 

スポンサードリンク

ディズニーで撮影!初心者にオススメ一眼レフカメラ「D5600」

Nikon「D5600」は2016年11月に発売されたばかりのエントリークラスの一眼レフカメラ。

簡単にスペックを紹介すると以下のような感じです!

  • DXフォーマット
  • 有効画素数 2416万画素
  • ISO感度 ISO 100-25600
  • 高速連続撮影 約5コマ/秒
  • D-Movie フルHD1080/60p
  • 質量 約465g
  • SnapBridge対応
  • Wi-Fi/Bluetooth内蔵
  • バリアングル&タッチパネルモニター

http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/

僕の初代一眼レフカメラは「D5100」でした!

「D5100」よりも、デザインやスペックが大きく進化していてびっくりです。

 

「D5600」はボディ(本体)のみや、レンズがセットになったものなど、複数種類出ています。

これからディズニーで一眼レフを使いたいと言う人には、「D5600 ダブルズームキット」がオススメ!

理由は簡単で、近い距離が撮影できるズームレンズと遠くのものが撮影できる望遠レンズがセットになっているからです。

 

D5600の魅力

TDL ハピネス・イズ・ヒア 8

D5600の魅力を絞るのであれば、3つ!

  1. 軽さ
  2. 「SnapBridge」も対応
  3. 「ダブルズームキット」の望遠ズーム

それぞれの魅力を見ていきましょう!

 

持ち運びに便利な軽さ

DSC_0436

第1は、何よりも嬉しい”軽さ”

ディズニーでグリーティングやショーを楽しむために、朝から夕方までフルで歩き回ったり、2つのパークをハシゴしたりと、意外と動くことも多いはず。

その際に「荷物を少しでも軽くしたい!」という悩みを解決してくれます!

 

スマホにすぐ送信!「SnapBridge」対応

第2は「SnapBridge」も対応機種である点!

アプリ「SnapBridge」を使えば、撮影したその場で携帯に移して、SNSへアップするのも楽々。

友達とのシェアがすぐにできるのも、今の時代ならではの楽しみ方です!

 

「ダブルズームキット」の望遠レンズが良い

TDL ハピネス・イズ・ヒア 6

第3であり、一番重要なのは、「ダブルズームキット」の望遠レンズが最大300mmだと言うことです。

ディズニーでの撮影では、ズームの長さがとても、とても、とても重要!!!

例えばパレードを撮影する時、フロートに乗っているキャラクターを撮る際には、やはり遠くが撮影可能な望遠レンズが必要になってきます。

Nikonと他社のWズームキットを比べると、他社では250mmのレンズ、Nikonは300mm、と長さが実は異なります。

ディズニーきっかけで、一眼レフを始めるのであれば、300mmのレンズがついたものを選ぶのがいいでしょう!

 

実際にディズニーで撮影してみた

実際に「D5600 ダブルズームキット」を持って、パークを撮影してみました!

最新機種とはいえ入門者向けのエントリー機であるD5600。

「どの程度のクオリティなのか」に注目していました。

 

ハピネス・イズ・ヒア

東京ディズニーランドのデイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」

高いフロート(山車)に乗ったキャラクターから、徒歩のキャラクターまで、さまざま登場しています!

ここで使用したのは、ダブルズームキットについてくる「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」のレンズ。

高いフロートに乗ったミッキーもかなり寄った写真が撮影できます。

メリー・ポピンズを撮影したら、期待以上に綺麗に背景がボケてくれました!

設定にある「アクティブD-ライティング」を使えば、初心者でも見た目に近い、綺麗な色味で撮影できます。

 

ワンマンズ・ドリームⅡ – ザ・マジック・リブズ・オン

トゥモローランドで行われている「ワンマンズ・ドリームⅡ – ザ・マジック・リブズ・オン」

「ワンマンズ・ドリームⅡ – ザ・マジック・リブズ・オン」が行われているショーベースは半室内なので、パレードに比べて撮影も少し難しくなります。

ここでの使用レンズも「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」

望遠レンズで一番後ろの席からショーを撮影してみました。

TDL トゥモローランド ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン 2

ピーターパンとフック船長の熱い戦いや、

TDL トゥモローランド ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン 3

炎の演出のあるヴィランズたちのシーンもバッチリ!

迫力のある写真が撮影できました。

ヴィランズ登場シーンなどの暗い場面では、ISOを少し上げましたが、D5600は綺麗に写真を仕上げてくれています。

TDL トゥモローランド ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン 4

キャラクターが総出演する「ハリウッド」のシーンも素敵です!

 

一眼レフの性能もすごいですが、やっぱり一番伝えたいのは

「ワンマンのミッキーがかっこよすぎる」

と言うことです…笑

 

ファンタズミック!

TDS ファンタズミック!2

東京ディズニーシーのナイトタイムショー「ファンタズミック!」へ!

ダブルズームキットの「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」を併用して撮影!

TDS ファンタズミック!1

ISOを高めにしないと撮影しにくいのですが、ノイズもなかなか出ていなかったので、良し!

迫力満点のマレフィセントドラゴン vs ミッキーマウスのシーンもしっかりと納めました!

TDS ファンタズミック!3

300mmのレンズがあれば、魔法使いの帽子の上にいるミッキーにもかなり寄れます!

 

東京ディズニーシーの夜景

TDS メディテレーニアンハーバー1

一眼レフを購入したら挑戦したいのが、夜景撮影!

Wズームキットの「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」を使って撮影しました!

TDS メディテレーニアンハーバー2

正直に言うと、「このボディとレンズで夜景撮影は難しいのかな」とも思いましたが、想像以上の良い出来にびっくりしました。

TDS メディテレーニアンハーバー3

東京ディズニーシーの美しい夜景をしっかりと切り取ってくれています!

 

D5600をディズニーで使うときのオススメレンズは?

もちろん、ダブルズームキットのレンズもいいのですが、さらに便利にしたい人は「AF-S 18−300mm F4.5-6.3」がオススメです!

Wズームキットの両方のレンズの役割を、1本で済ませることができるのが魅力です!

 

例えば、このレンズを「ハピネス・イズ・ヒア」で使ってみましょう!

引きだとフロート全体がしっかりと撮影できます。

そして、望遠にすれば、フロートに乗るオーロラ姫にもこんなに寄れますよ!

パレードを1回でしっかりと撮影したい人は、このような便利ズームがあると本当に快適に使えます。

 

グリーティング、パレードやショー、風景撮影など、幅広く使える「AF-S 18−300mm F4.5-6.3」

1日を通してレンズを付け替えずに、使用できるので、初めて一眼レフを買う友達に強くオススメしています!

 

ディズニーで使用したNikon「D5600」レビュー・まとめ

僕が初めて買った一眼レフは、このD5600と同じ系統の「D5100」でした。

「D5100」よりも「D5600」が進化しすぎていて、悪い点を挙げようと思っても思いつかなかったのが本音です。

クオリティに注目して撮影しましたが、全然問題なく、むしろ想像以上の綺麗さでした。

 

 

軽量・300mmレンズもセット有り、操作性も簡単、高感度の撮影もOK、すぐにスマホに写真が送れる、などなど…

「こんなカメラを最初の機材にしていれば、どんだけ楽であったか」と、使えば使うほど思い知ってしまいました…笑

「ディズニーで一眼レフの撮影をこれから始めたい!」と言う人には、自信を持ってオススメしたいカメラです!

 

このエンタメをあなたが評価すると?

(1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

※星をタップすると、簡単に紹介しているエンタメ評価できます!


スポンサードリンク


» みんなに教える・シェア! «


あなたにオススメの記事